HOME > Topics > 今までの活動

2017.6.18 全国パーキンソン病友の会の総会に招かれ講演

全国パーキンソン病友の会・神奈川県支部の総会に招かれ、嚥下食開発のパートナーでもある飯田良平歯科医師と共に講演、加藤は、スラージュの調理におけるポイントや、提供する際の配慮、地域連携の大切さなどをお話ししました。
パーキンソン病友の会の方々とは、嚥下食の開発において、これまで何度も勉強会を重ねてきたご縁で、翌日はHANZOYAでスラージュのお食事会となりました。

2017.5.18 食のフレキシビリティ計画セミナー『LGBTってなに?』開催

2017.5.18 食のフレキシビリティ計画セミナー『LGBTってなに?』開催
レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの方々から、実際に日常生活で窮屈に感じていること、誤解を受けていると感じることなどを率直に話してもらい、楽しく交流しました。人は男性か女性かの2タイプだけ、男性(女性)はこうであるはず、という思い込みでは測れず、まさに十人十色。共感や理解はできなくても、人それぞれが持つ「個性」を知り、受け入れることを学びました。

2017.4.20 食のフレキシビリティ計画セミナー『ココロのバリアフリー』開催

2017.4.20 食のフレキシビリティ計画セミナー『ココロのバリアフリー』開催
「ココロのバリアフリー計画」理事長の池田君江さんを講師に招き、実際に車椅子に乗って、段差やスロープのある廊下やエレベーターの乗り降り、公道での通行などを体験学習しました。車椅子に乗ってみて初めてわかる恐怖、不便さを体感することができ、適切な手助けの方法を勉強しました。

2017.3.29 食のフレキシビリティ計画セミナー『ユニバーサルマナー検定3級』開催

2017.3.29 食のフレキシビリティ計画セミナー『ユニバーサルマナー検定3級』開催
(株)ミライロによる、ユニバーサルマナー検定の3級のセミナーをHANZOYAの社員が受講。横浜地域では初めて、企業研修を一般の方にも開放する形での開催でした。
障がいとは、その人ではなく「環境が作るもの」。身構えずに「何かお手伝いすることはありますか?」の一言だけでガラリと変わることを教えて頂き、参加者全員に3級の認定を頂きました。

2017.1.26 食のフレキシビリティ計画セミナー『食品添加物との付き合い方』開催

2017.1.26 食のフレキシビリティ計画セミナー『食品添加物との付き合い方』開催
これまでも様々なセミナーを行ってきましたが、食の道ツナギストとして、アレルギーや障がいなどあらゆる人々にとってフレキシブルに対応する食環境をつくるために、「食のフレキシビリティ計画セミナー」という形で開催していくことにしました。
第1回は、食品添加物の第一人者・渡辺雄二氏をお招きし、ダイエット甘味料や食品添加物との付き合い方を教えて頂きました。