HOME > Topics > 今までの活動

2017.3.29 食のフレキシビリティ計画セミナー『ユニバーサルマナー検定3級』開催

2017.3.29 食のフレキシビリティ計画セミナー『ユニバーサルマナー検定3級』開催
(株)ミライロによる、ユニバーサルマナー検定の3級のセミナーをHANZOYAの社員が受講。横浜地域では初めて、企業研修を一般の方にも開放する形での開催でした。
障がいとは、その人ではなく「環境が作るもの」。身構えずに「何かお手伝いすることはありますか?」の一言だけでガラリと変わることを教えて頂き、参加者全員に3級の認定を頂きました。

2017.1.26 食のフレキシビリティ計画セミナー『食品添加物との付き合い方』開催

2017.1.26 食のフレキシビリティ計画セミナー『食品添加物との付き合い方』開催
これまでも様々なセミナーを行ってきましたが、食の道ツナギストとして、アレルギーや障がいなどあらゆる人々にとってフレキシブルに対応する食環境をつくるために、「食のフレキシビリティ計画セミナー」という形で開催していくことにしました。
第1回は、食品添加物の第一人者・渡辺雄二氏をお招きし、ダイエット甘味料や食品添加物との付き合い方を教えて頂きました。

2016.10.12 医療法人社団やまと主催の嚥下食勉強会にて 「フェリシテ」紹介

2016.10.12 医療法人社団やまと主催の嚥下食勉強会にて 「フェリシテ」紹介
吉武歯科医院・吉武院長による嚥下食勉強会「第4回OMC勉強会」に、約50名ほどの在宅医療や介護従事者が参加。加藤とHANZOYAの嚥下食開発担当シェフ2名が呼ばれ、「フェリシテ」(嚥下しやすい柔らかいケーキ)を持参しました。
臨床の医師からは、フェリシテが実際に患者に心の活力をもたらしている実証を、シェフからは調理の工夫ポイントなどを説明。最後にカップサイズ4種類を全員に実食して頂き、嚥下食の新たな可能性を紹介しました。

2016.5.28-29 テレビ神奈川主催イベント『秋じゃないけど収穫祭』出展参加

2016.5.28-29 テレビ神奈川主催イベント『秋じゃないけど収穫祭』出展参加
加藤が構築するネットワーク「横浜レストランミーティング」に、テレビ神奈川が興味を持ち、イベントに出展することになりました。個々の店舗としてではなく、加藤と有志の協働によってキッチンカーでの「横浜ドック」が実現。
地域の仲間が協働して一つのものを作るユニークな取り組みは、テレビにも取材され、イベントに来場したお客様にも大反響がありました。

2015.12月~2016.2月 静岡県より「ふじのくに食の都仕事人」認定。第2回『静岡フェア』開催

2015.12月~2016.2月 静岡県より「ふじのくに食の都仕事人」認定。第2回『静岡フェア』開催
静岡県と協働し2回目の『静岡フェア』は、加藤が静岡県産の食材を積極的に使っている料理人として評価され、1回目の実績もあり、静岡県からの依頼により実現しました。
静岡県より「ふじのくに食の都仕事人」として認定を受け、更に、フレンチレストランとしては初の、「ふるさと助成金」を適用するケースとなりました。