HOME > Topics > 今までの活動

2017.7.28~29 福祉イベント『ヨッテク』(@パシフィコ横浜)で、食の道ツナギストが紹介

2017.7.28~29 福祉イベント『ヨッテク』(@パシフィコ横浜)で、食の道ツナギストが紹介
社会福祉法人横浜市リハビリテーション事業団主催による、ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド(愛称:ヨッテク)にて、食の道ツナギスト・加藤が紹介されました。
本イベントは、障がいのある方にとっての便利グッズから遊び・スポーツまで、「暮らし」がテーマ。その中の「美味しく楽しい食」ブースで、食の道ツナギストの取り組みと「スラージュ」情報が展示されました。

2017.7.27 食のフレキシビリティセミナー『ろう・難聴の方への接し方』開催

2017.7.27 食のフレキシビリティセミナー『ろう・難聴の方への接し方』開催
聴覚に障がいのある当事者と、手話通訳の方に来てもらい、音に頼らないコミュニケーション法を実習しました。難聴の方に話す際には、なるべく身振り手振りを大きくして、会話のシチュエーションが浮かぶように、口の動きだけでもわかるようにお話しする心がけや、便利ツールとしてスマートフォンやタブレットなどの「会話の見える化」アプリも教えて頂きました。

2017.6.21 『2025年問題を食べる ~フランス料理と介護食の境界線~』 勉強会開催

2017.6.21 『2025年問題を食べる ~フランス料理と介護食の境界線~』 勉強会開催
50名ほどの医療関係者や介護従事の専門家に、嚥下フレンチの新作コースを実食して頂き、フランス料理の文化と技法が、栄養や安全面だけでなく、五感を元気にする可能性があることを紹介。
今回のチャレンジだった「キンメダイの低温蒸」を、嚥下食の第一人者・金谷節子先生(嚥下食ドットコム監修・指導)から絶賛を頂きました。
コースを実食した多くの方から「嚥下食とは思えない、これはフランス料理だ」ということを、驚きと共に実感してもらうことができました。

2017.6.18 全国パーキンソン病友の会の総会に招かれ講演

全国パーキンソン病友の会・神奈川県支部の総会に招かれ、嚥下食開発のパートナーでもある飯田良平歯科医師と共に講演、加藤は、スラージュの調理におけるポイントや、提供する際の配慮、地域連携の大切さなどをお話ししました。
パーキンソン病友の会の方々とは、嚥下食の開発において、これまで何度も勉強会を重ねてきたご縁で、翌日はHANZOYAでスラージュのお食事会となりました。

2017.5.18 食のフレキシビリティ計画セミナー『LGBTってなに?』開催

2017.5.18 食のフレキシビリティ計画セミナー『LGBTってなに?』開催
レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの方々から、実際に日常生活で窮屈に感じていること、誤解を受けていると感じることなどを率直に話してもらい、楽しく交流しました。人は男性か女性かの2タイプだけ、男性(女性)はこうであるはず、という思い込みでは測れず、まさに十人十色。共感や理解はできなくても、人それぞれが持つ「個性」を知り、受け入れることを学びました。